きせがわ自動車学校

沼津にある自動車学校。普通車 二輪 二種免許取得をサポート
沼津駅からバス5分・三島駅からバス10分

→HOME→サイトマップ→最新道交法
ホーム>最新道路交通法

準中型免許が新設されました(平成29年3月12日施行)

車両総重量7.5トン未満の「準中型自動車」免許制度が新設されました

@貨物自動車による交通死亡事故の削減と、若年者の雇用促進のため、平成29年3月12日から、普通自動車、中型自動車、大型自動車に加えて、車両総重量3.5トン以上7.5トン未満等の自動車が新たに「準中型自動車」として新設され、これに対応する免許として「準中型免許」及び「準中型仮免許」が新設されました。

A準中型免許制度の施行にともない、普通免許で運転可能な車の範囲が狭くなりました。
 準中型制度施行後(平成29年3月12日以降)に取得した普通免許で運転可能な車は、車両総重量3.5トン未満、最大積載量2.0トン未満までの車となりました。

(注記)改正前の普通免許又は中型免許を受けている方は、改正後も同じ範囲の自動車を運転することができます。
(例:改正前の普通免許は、車両総重量5トン未満及び最大積載量3トン未満の限定が付された準中型免許とみなされます。)


B準中型免許制度に係る初心運転者制度
 準中型免許を受けた方で、免許取得後1年未満の方が準中型自動車を運転する場合には、初心者マークを表示しなければなりません。
 (準中型免許を取得した方が、普通自動車を運転する場合及び普通免許取得後2年以上経過して準中型免許を取得した場合等は対象となりません。)
 また、準中型免許を受けた日から1年間(初心運転者期間)に違反をし、一定の基準に該当することとなった場合には再試験の対象となります。

高齢者講習制度が一部改正されました(平成29年3月12日施行)

75歳以上の高齢者への臨時認知機能検査などの実施

75歳以上の高齢者が認知機能が低下したときに起こしやすい違反行為をした場合は、「臨時認知機能検査」を行うことになります。
臨時適正怨嗟の結果、認知機能が低下している恐れがあると判断された高齢者に対しては、「臨時高齢者講習」が実施されます。

講習は個別指導等により、認知機能の低下を自覚させ本人の状況に応じた運転行動を指導するものです。

また、認知症の恐れがあると判断された運転者は臨時適正検査(専門医による診断)を行うか、医師の診断書の提出が求められます。
専門医による診断等で認知症が認められた場合は、免許の取り消し等が行われます。

  なお、高齢運転者が上記の臨時機能検査や臨時高齢者講習を受けなかった場合も、免許の取消し又は免許の効力停止処分が実施されます。

酒気帯び又は過労運転で事故を起こした運転者は「免許仮停止」の対象に(平成27年6月17日施行)

今回の道路交通法改正以前は、交通事故を起こして、最長30日間の仮免許停止処分を受けるのは次の3つの場合でした。

@死亡事故でひき逃げした場合
A酒酔い運転、無免許運転で死傷事故を起こした場合
B酒気帯び運転や信号無視、過労運転等の危険違反で死亡事故を起こした場合

今後はこれに、
C酒気帯び運転又は過労運転で事故を起こし、人を傷つけたばあいが付け加わります。

 過労運転が酒酔い運転などと同様に重大事故や死亡事故につながりやすい危険行為であるという観点から、今まで死亡事故に限って免許仮停止の対象になっていましたが、この処分が厳しくなり、危険な運転者をいち早く道路交通の場から排除して交通の安全を確保しようとするものです。

自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定が整備されました(平成27年6月1日施行)

一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に講習を受けなければいけません。



一定の病気に該当すること等を理由として免許を取り消された場合における再取得した免許に係る免許証の有効期間に関する規定が整備されました(平成27年6月1日施行)

一定の病気に該当すること等を理由に免許を取り消された場合、取消しから3年以内で免許を再取得した場合は、取り消された免許を受けた日から取り消された日までの期間と再取得した免許を受けていた期間は継続されていたものとみなされます。



環状交差点の通行方法が整備されました(平成26年9月1日施行)

「環状交差点」とは車両の通行部分が環状(ドーナツ型)になっていて、道路標識等により右回りに通行することが指定されている交差点をいいます。

@環状交差点に進入しようとする時は、あらかじめ道路の左端に寄って徐行するとともに、交差点内を
 通行する車両の進行を妨げてはなりません。

A「環状交差点」内では、右回りで徐行しなければなりません。

B 環状交差点で車は右回り通行しなければならないことを示す標識。
ただし環状交差点でのような道路標示がある場合は、その矢印の示す方向により破線に沿った部分を通行しなければなりません。

C環状交差点に進入しようとするときや、環状交差点内を通行中は、交差点に進入しようとする車両や
 交差点内を通行中の車両、横断歩行者に特に注意して進行しなければなりません。

D環状交差点を出ようとするときは、以下のとおり所定の時期に合図を出さなけれなりません
  1.環状交差点に入った直後の出口を出る場合は、その環状交差点に入ったとき
  2.2.1以外の場合は、出ようとする出口の直前の出口の側方を通過したとき


お問い合わせフォームから